大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

遺品整理は何日以内におこなわなければならないのか | 大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

対応エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

スタッフブログ

スタッフブログ

大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク > 豆知識 > 遺品整理は何日以内におこなわなければならないのか

豆知識

「遺品整理は何日以内におこなわなければならないのか」

遺品整理を行うタイミングについて考えてみました。

結論から言いますと遺品整理にはお亡くなりになられたあと、何日以内におこなわなければならないという法律や期限などはありません。

個人差はありますが大切な方がお亡くなりになられた後、気持ちの整理がつくまでに約7年はかかると言われています。

なかなか気持ちの整理がつかず何十年もそのままの状態で残されている方や四十九日を区切りにおこなわれる方などお一人お一人違います。

ただし、故人が賃貸住宅で一人暮らしをしている場合、残そうと思っていても金銭面ではご負担が大きく、明け渡しを早急におこなわなければならない事も多いです。

遺産相続や形見分けをおこなう場合もやはり早急に遺品整理を行わなければなりません。

もし、故人の家が遠方で自分たちでお部屋を整理することが難しい場合やすぐに退去するように迫られている場合、自分たちで遺品整理をおこないたいが、心がついていかず困っている方は、私達の様な遺品整理業者や遺品整理アドバイザーにお電話で相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

投稿日:2017年6月30日