大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

”ぬいぐるみ・人形”を供養する2つの方法 | 大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

対応エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

スタッフブログ

スタッフブログ

大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク > 豆知識 > ”ぬいぐるみ・人形”を供養する2つの方法

豆知識

「”ぬいぐるみ・人形”を供養する2つの方法」

みなさまこんにちは♬

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

果物売り場ではイチジクや葡萄が

並び始めました。

秋に向かうこの季節

いかがお過ごしでしょうか。

イチジクはアラビア南部では

6千年以上前から栽培されていたそうで

日本には江戸時代に

ペルシャや中国を経て伝来しました。

 

果物、文献、生地

古代からあらゆる物が

海を渡って世界中の人々の手に

届いているんですね。

 

身近な食卓で味わっている食べ物が

実は数千年前の誰かの手によって

海を渡り、その種がずっと続いて

実っていると思うと

奇跡のように思います^^

 

それは食べ物だけではなく

物も同じように海を渡って

違った文化に受け入れられてきました。

 

キリスト教やイスラム教では

「モノ」は「モノ」として

捨てることに抵抗がないようですが

日本では古くから

人形やぬいぐるみには

魂が宿ると考えられています。

 

そのため遺品整理の際、

故人が大切にされていた

「人形」や「ぬいぐるみ」に関して

どうしよう??

とお困りになる方が多く

いらっしゃいます。

そこでこの度は

遺品整理のプロフェッショナルであり

海外輸出を行なっている

弊社だからこそ出来るご提案を

2つご紹介させて頂きます!

①神社仏閣で供養をお願いする

②海を越えて必要な方へ届ける

 

 

①神社仏閣で供養をお願いする

人形供養をされている

神社仏閣にお問い合わせになり

ご供養をお願いする方法です。

 

もしもご自身でお探しになる際

どこにお願いして良いか分からない。。

精神的な負担が大きく

供養まで手が回らない。。

そんな場合は

弊社ナナフクにご相談くださいませ。

神社仏閣でのご供養を

ご希望のお客様には

ご供養のサービスも行なっております。

きちんと供養し証明書を発行して下さる

お坊様を紹介しており

また宗派のご相談も承っておりますので

ご安心下さいませ。

 

②海を越えて必要な方へ届ける

人形供養とは

今まで見守ってくれて

「ありがとう」という

感謝の気持ちとともに

宿った魂を祈祷して頂き

天へとお還しすることになります。

 

命が宿っていると考えられる

人形やぬいぐるみを処分する際は

供養することが一般的ですが

思い入れのある「モノ」を

処分する以外の方法は

ないのでしょうか?

 

故人様が大切にされていた人形を

もう一度大事に使ってくれる子供がいたら

故人様も喜ばれるのでは

ないでしょうか?

 

弊社ナナフクでは

日本では使われなくなったけれど

海外では必要とされている「モノ」を

東南アジアの国々へ

届けております。

 

特に日本の人形やぬいぐるみは

新しいおもちゃや人形を買えない

東南アジアの子供たちにとって

とっても嬉しいプレゼントとなります。

 

また、人形やぬいぐるみにとっても

新しい方の手に渡ることで

第二の人生が始まり

再び人に喜ばれることになるのですね^^

そんなことが出来るんだ!

家族が大切にしていたぬいぐるみを

海を越えてまた小さな子供が

大事にしてくれるなんて嬉しい!

そんな風に思われた方は

是非一度ナナフクにご相談下さいませ。

 

ご質問、ご相談は

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 
【フリーダイヤル】
 
 0120-50-7729
 
【受付時間】
 
 9:00~20:00
 年中無休
 
 
 
最後までお読みくださり
 
誠にありがとうございます!
 
 
 
夏から秋にかけて
 
空が高く澄んでいくのが感じられます。
 
皆様が心地良く爽やかな秋を迎えられますように^^

投稿日:2018年8月28日