大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

便利で安心な【医薬品】の処分方法 | 大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

対応エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

スタッフブログ

スタッフブログ

大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク > 豆知識 > 便利で安心な【医薬品】の処分方法

豆知識

「便利で安心な【医薬品】の処分方法」

みなさんこんにちは。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

空は梅雨の色、気温は夏の暑さです。

体調変わりなくお過ごしでしょうか?

夏はもうすぐです♪

この時季を元気に乗り越えましょうね。

 

 

さて、健全な時は良いですが

大事な会議や力仕事がある日に

体調が優れない時は

薬でなんとか乗り切る!

そんな働く世代の方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

世界人口2%である日本人の

薬の消費量は世界トップクラスであり

薬大国と言われているように

若い世代から高齢者まで

日本では多くの方が

薬を身近に生活されている印象があります。

 

ご両親や祖父母が

毎食後にお薬を飲む姿を

思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

8種類以上の「いつもの薬」を

毎日飲まれる

高齢者が大勢いらっしゃるそうですね。

 

 

高齢化が進む中、これから先

対処療法から、

根本治癒や予防の方向へ進み

本当に健康で幸せな方が増えますことを願います。

 

 

さて、少し話が逸れましたが

そんな薬の消費量が多い日本では

遺品整理の際に

大量に薬が残っている場合がございます。

 

大量に残った薬を発見された時

どのように捨てたら良いんだろうと

困ってしまいませんか?

 

普通に捨てて良いの?

そのままゴミ箱に捨てるの?

液体のタイプの場合は

どのように処理するの?

 

薬の廃棄って

意外とどうして良いか

分からないものですよね> <。

 

そこで今回は

薬の処分に困った時に

参考にして頂けるよう

それぞれ適切な処分方法を

ご紹介いたします!!

 

①錠剤・カプセル・粉薬

薬の入れ物から取り出し

可燃ゴミとして処分します。

※紙などに包んで捨てましょう。

 

②塗り薬(軟膏・クリーム・ゲル)

飲み薬と同じ様に中身を取り出し

不要な布や紙に塗り薬を吸わせた状態で

可燃ゴミとして処分します。

 

③貼り薬(湿布、テープ)

薬の貼る面を2つ折りにして

可燃ゴミへ処分します。

※プラスチックフィルムは

不燃ごみとして処分します。

 

④スプレー類

外や風通しの良い火の元がない場所で

中身を出しきります。

容器は素材によって分別をして捨てましょう。

 

⑤液剤(飲み薬、消毒液)

中身を紙や布などに吸わせてから

可燃ゴミとして処分します。

排水に流してしまうと環境汚染につながり

生物に大きな影響を与えてしまいますので

少量であっても排水へは流さないようにしましょう。

 

⑥薬の容器

①~⑤の薬の中身を捨てた後、残った容器は

紙でしたら可燃ゴミ

プラスチックや缶でしたら

各自治体の処分方法にそって処分します。

 

 

以上がお家での処分方法でございます!

ご不明な点はございませんでしょうか?

 

それでは最後にもう一つ

簡単な方法をご紹介いたします。

 

それは

「近隣の薬局へ持っていく」

という方法です!

 

実は、薬局は余った薬を回収し

処分してくださいます。

 

ですので、大量に薬が残っている場合は

薬局に持っていかれるのも

選択肢の一つとしてご提案いたします。

 

 

上記以外のことでも

処分方法のお困り等ございましたら

廃棄物処理、遺品整理のプロである

ナナフクにご相談くださいませ。

少しでもみなさまのお役に立てますと幸いです。

 

本日も最後までお読みくださり

誠にありがとうございました!

 

ご相談、ご質問、無料のお見積り等

お気軽にご連絡くださいませ。

【フリーダイヤル】
 
0120-50-7729
 
【受付時間】
 
9:00~20:00
年中無休

 

来るひまわりの季節に向け

みなさんのさらなるご活躍をお祈りいたします。

どうぞ今日も良い1日でありますように^^

 

投稿日:2018年6月30日