大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

デジタル遺品「フェイスブック」を安全に保護しながら残すには?【遺品整理・生前整理】 | 大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

対応エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

スタッフブログ

スタッフブログ

大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク > 豆知識 > デジタル遺品「フェイスブック」を安全に保護しながら残すには?【遺品整理・生前整理】

豆知識

「デジタル遺品「フェイスブック」を安全に保護しながら残すには?【遺品整理・生前整理】」

こんにちは!

大阪のご遺品整理・生前整理を行うナナフクでございます。

ブログをご覧頂きありがとうございます!

 

日が暮れるのが早くなりました。

虫の音が響く秋の夜をいかがお過ごしでしょうか。^^

さて昨今では「ネット上に残した情報」にどう対処するか?

は、ご遺品整理や生前整理の一つの課題となりつつあります。

 

そこで今回は、個人情報が多く含まれる

「フェイスブックのページを安全に保護しながら残す方法」をご紹介致します。

 


【目次】

①フェイスブックページを安全に保護して残すには?

②追悼アカウントとは?

③まとめ

 


①フェイスブックページを安全に保護して残すには?

現在40代の方を中心に多くの世代がフェイスブックを使用されています。

またシニア世代にとって最も利用されているSNSがフェイスブックと言われています。

 

亡くなったご家族が日記のように記されていた

「フェイスブックの写真や文章を残しておきたい。」

と思われるかもしれません。

 

そんな時、安全に保護しながらページを残しておくサービスが存在します。

それがフェイスブックの「追悼アカウント」でございます。

 


②「追悼アカウントとは?」

フェイスブックのアカウントは本人専用タイプとなりますが

故人のページを保護して存続させる「追悼アカウント」という機能があります。

 

ご利用方法は、まず専用窓口に

ご家族やご友人がページの持ち主の死を知らせます。

提供された情報を基に運営側が事実を確認し

認証されると「保護モード」に切り替えられます。

 

「追悼アカウント」になったページには

誰もログインする事ができなくなり

新たな投稿や、ダイレクトメッセージの閲覧は不可能になります。

 

【例外】

アカウントの持ち主が生前に設定メニューで

「追悼アカウント管理人」を設定しておくと

お亡くなりになった後に、訃報の知らせ等の投稿が出来ます。

(※ダイレクトメッセージは閲覧出来ません。)

 

このようにライバシーを守りながらフェイスブックに残る故人様の記録を残す

サービスをご利用する事も、デジタル遺品の整理に役立つでしょう。

 


 

③まとめ

今回は、「安全にフェイスブックページの記録を残す方法」をご紹介致しました。

デジタル遺品でお困りの際に、ご参考になりましたら幸いです。

 

「デジタル遺品とは?処分方法のご紹介」はこちらもお役立てくださいませ。

 

ナナフクはご遺品整理・生前整理のプロフェッショナルとして

お部屋のお片づけ形見分け家財の処分ご遺品供養各種お手続き代行など

お客様の状況に応じた適切なご提案、サポートを致しております。

 

ご遺品整理・生前整理のお片づけでお困りの際はお気軽にご相談下さいませ。

きっとあなたのお力になります!

親切・丁寧・安心・秘密厳守で即対応致します。

 

ナナフクの「ご遺品整理のサービス内容」は←こちら

「生前整理のサービス内容」は←こちらをご覧くださいませ。

 

ご質問やご相談はお気軽にお問い合わせくださいませ。

お見積もりは全て無料となっております。

【フリーダイヤル】0120-03-7729
 
【受付時間】9:00~20:00
 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます!

どうぞ、これからのさわやかな季節を満喫されますように^^

 

 

投稿日:2019年9月11日