大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップ

形見分けの基礎知識 I マナー I 方法【大阪・ご遺品整理】 | 大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク

対応エリア:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山

スタッフブログ

スタッフブログ

大阪の遺品整理・生前整理ならナナフク > 豆知識 > 形見分けの基礎知識 I マナー I 方法【大阪・ご遺品整理】

豆知識

「形見分けの基礎知識 I マナー I 方法【大阪・ご遺品整理】」

    

大阪でご遺品整理・生前整理を行うナナフクでございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年も皆様がご健康でご多幸な一年でありますように。

さて、葬儀や四十九日を終えて少し落ち着かれた頃に考えられる事は

「ご遺品整理」や「形見分け」ではないでしょうか。

その際、「形見分けって絶対しないといけないの?」

「形見分けの方法は?」と様々な疑問が浮かばれるかと存じます。

 

この度は「形見分けの基礎知識 I マナー I 方法」ご紹介いたします。

 

目次

⑴形見分けとは?

⑵形見分けは必ずしなければいけないのか?

⑶形見分けのマナー

⑷形見分けの方法

⑸まとめ

 

⑴形見分けとは?

形見分けとは故人様のご遺品をご家族やご親族、ご友人などに分け合う事です。

故人様が大切にされていた物を贈ることで、思い出を共有するために行われます。

 

昔の日本では体型に合わせて調整が出来る「着物」が

代表的な形見分けのお品物だったようです。

 

⑵形見分けは必ずしなければいけないのか?

形見分けは法律で決まっている事ではないので、必ずしなければいけない事ではありません。

形見分けをするかしないかは、故人様のご意向やご遺族様の意志で自由に決める事が出来ます。

 

「大切な家族が大事にしていた物だから親族で分け合いたい。」

「綺麗で価値のある物だから親しい方に使ってもらいたい。」

このようにお考えの方は形見分けとしてお贈りになると良いですね。

 

⑶形見分けのマナー

形見分けをされる際の注意点として「目上の方には贈らない」というマナーがあります。

昔は「目上の方に対しては失礼」と言われていました。

しかし昨今ではその風潮も変わりつつあり、年齢や社会的立場が上の方にも

親しい間柄の場合は形見分けをされる方がいらっしゃいます。

 

それでも一般的には「目上の方に形見分けは失礼」というマナーが存在するので

ご希望があった時にのみに控えられると良いでしょう。

 

 

⑷形見分けの方法

形見分けとしてよく選ばれるご遺品は、衣類、着物、貴金属、時計、アクセサリー等があります。

形見分けとして衣類を贈られる際はクリーニングに出して綺麗な状態にしたり

貴金属は磨くなど、出来るだけ綺麗に致します。

そして受け取る方が喜ばれそうな物を選ぶ事が大切ですね。

 

包装は特別必要ではありませんが、半紙で包んだり綺麗な紙袋に入れて用意します。

お渡しする方法は手渡しが良いですが、遠方にお住いの場合はお手紙を添えて配送しても良いでしょう。

 

⑸まとめ

この度は「形見分けの基礎知識 I マナー I 方法」をご紹介いたしました。

 

「あなたはこのような事でお困りではありませんか?」

遺品の量が多くて家族だけでは片付けが困難。

・何から手をつけて良いのか分からない。

・遠くに住んでいる為、頻繁に片付けに帰ることが出来ない。

・遺品供養や遠方の親族へ形見分けをしてほしい。

 

このようにお考えの際は、是非お気軽にナナフクへご相談くださいませ。

ナナフクはご家族のお気持ちを第一に、一つ一つ丁寧にご遺品整理に取り組ませて頂きます!!

 

ご質問やご相談はお気軽にお問い合わせください。

お見積もりは無料となっております!

 フリーダイヤル:0120-03-7729
 
 受付時間:9:00~20:00

 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます!

本年も皆様がご健康に一年を過ごせますように^^

 

 

投稿日:2020年1月10日